10:38:41
21
内股歩き…脚の外側が張り出す!若い女性に多い内股歩き。膝や足首が内側にねじれている(内旋している)人もいれば、女の子らしく見えるため、あえてやっているという女性も多いのが現状。けれど、この内股歩きは、太ももやふくらはぎの外側に筋肉がつく歩き方なので意識的にやめねばなりません。骨盤の後ろ側も開いてしまうので、横広がりの平面的なヒップになる危険もあるのです。蹴り歩き…太もも前部が張る!脚全体が太っちょに!つま先だけで着地し、後方へ砂を蹴るように歩く蹴り歩き。歩幅が狭く、泥ハネしやすいアナタは蹴り歩きをしているかも!本来ならば、かかとから着地し、重心を土踏まずからつま先へと移すべき重心移動(=「足の返し」)ができていないため、全体重を支える「足裏アーチ」が崩れやすくなります。脚全体がムチっと太くなる、全身が前のめりになるため、太ももの前部が張りやすくなる、といった悪影響が現れやすい歩き方なので注意して。引きずり歩き…ふくらはぎがむくみやすくなる!足をきちんと持ち上げず、ズルズル(とぼとぼ)と歩く引きずり歩き。靴底をチェックしてみて。つま先側もかかと側も擦り減っているという方は、引きずり歩きをしている可能性アリ。「第2の心臓」ふくらはぎの筋肉を使えていないため、血液やリンパが上半身へと戻っていかず、むくみやすい脚に。衰えた筋肉の間に脂肪や老廃物が溜まり、霜降り肉のようなふくらはぎになってしまいます。ドスドス歩き…足首がなくなる!地面を足裏全体で踏みつけながら歩くドスドス歩きは、足首を象のように太くする歩き方。かかとからの着地や、つま先をしっかり上げる動作ができていないため、ふくらはぎがむくみやすくなります。また、太もも前部を酷使するため、前ももが張ってしまうことも。土踏まずのない「扁平足」の方に多いのもこの歩き方。足裏アーチがうまく機能せず、足首に過度な負担がかかるため、キュっと引き締まった足首のくびれが失われてしまうのです。前後左右にブレない歩き方を正しい歩き方の基本は、1.かかとから着地し、2.つま先で地面を蹴る、を繰り返すこと。この時、膝は曲げないよう注意して。また、浮き指歩きにならないよう、指で地面をとらえることもお忘れなく。目線はまっすぐ前へと向け、背筋を伸ばしてお腹を引っ込めることを意識します。横から見たときに前のめりにならないよう気をつけるだけでなく、後ろから見たとき、身体が左右にグラつかないよう「一直線をはさむようにまっすぐ歩く」ことも大切。つま先の向きは、正面もしくはやや外側に向けて。膝のお皿の向きもつま先同様、正面を向くのが正解です。。正しい歩き方の基本は、(1)かかと、(2)足指の付け根、(3)足指で地面を捉える「3点歩行」。ところが、浮き指の場合、この内一点が浮いてしまっているわけですから、足裏は非常に不安定な状態になります。この状態でもきちんと立って歩くために、太ももの前部やスネの部分に過剰な負荷かかることに…。結果、脚全体が太るだけでなく、膝が反り(=「反張ひざ」)、太ももは前に、ふくらはぎは後ろに張り出すことに。お腹を突き出す姿勢や出っ尻、猫背、腰痛にもなりやすい歩き方なので、まずは自覚して矯正する必要があります。


●参考サイト
脚やせ方法を徹底比較!脚やせの神様
4meee!
モデルプレス
東京デトックス
アンチエイジングネットワーク


15:50:24
19

メイクは微妙な間違えが命取り

メイクの短所:涙が出てしまうとまるで修羅のような怖い形相になってしまう。微妙に間違えただけなのに下品になって自爆する。顔の造形をごまかすのにも限界というものがあること。
リハビリメイクという言葉には、肉体の機能にダメージをこうむった人のリハビリテーションと同様に、顔などの外見に損傷をこうむった人が社会に新たな一歩を踏み出すために修得する技能という側面があるのです。
審美歯科というのは、美しさを重視したトータルな歯科医療分野のこと。歯の存在意義には物を噛むなどの機能的な一面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、どちらも健康においては外せない要素だと考えられる。
アトピーの誘因:家族歴・次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)の内いずれか、または2つ以上)、IgE 抗体を作りやすいと思われる原因、等。
メイクアップの長所:容姿がきれいになる。化粧もマナーのひとつ。実際の歳より年上に見てくれる(ただし10代から20代前半限定の話)。人に与える自分自身のイメージを変幻自在に変えることが可能。
全身に存在するリンパ管に沿うように走る血液の流動が悪化すると、人体に欠かせない栄養や酸素がうまく行き届かず、結果として余分な脂肪を定着させる原因になるのです。
「アトピー」とは「場所が不特定」という意味を持つアトポスというギリシャの言語が由来で、「何らかの遺伝的素因を保有している人だけに症状が出る即時型のアレルギー反応に基づいた病気」の事として名前が付けられた。
スカルプのコンディションが崩れる前に正しいケアをして、健康的なコンディションをキープしたほうがよいでしょう。悪くなってからお手入れを始めたとしても、その改善には時間を要し、お金はもちろんのこと手間もかかってしまいます。
美白の化粧品であることをパッケージなどでアピールするには、薬事法を管轄する厚労省の許可が下りている美白の有効物質(よく用いられるのはアルブチン、こうじ酸の2つ)が混ぜられている必要があるのだ。
美白指向には、90年辺りから次第に女子高校生などに浸透したガングロなど、不自然なまでに酷く日焼けする渋谷系ギャルファッションへの対抗的な精神が内包されている。
歯を美しくキープするには、歯の裏側まで丁寧に磨いてあげる事を忘れないでください。キメ細やかな泡と口当たりの優しい電動歯ブラシなどを使って、丁寧なお手入れをすることが望ましいといえます。
明治の終わり頃に異国から帰ってきた女性たちが、洋髪、洋風の服装、洋風の化粧品や化粧道具、美顔術などを紹介すると、これらを言い表す単語のひとつとして、美容がけわいの後釜として使われ始めた。
睡眠時間が足りないと皮ふにはどういう悪影響をもたらしてしまうのでしょうか?その代表格ともいえるのが新陳代謝が遅延すること。健康なら28日単位である肌の入れ替わりが遅れやすくなります。
現代社会を生きる私たちは、日々刻々と体内に溜まっていく怖い毒素を、たくさんのデトックス法を用いて追い出し、何としてでも健康な体を手中に収めようと皆努力している。
睡眠が不足するとお肌にどういう悪影響を与えるかご存知でしょうか?その代表ともいえるのが皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が遅れること。健康なら28日単位である肌の生まれ変わる速さが遅れてしまうのです。



●参考サイト
脚やせの神様
4meee!
モデルプレス

15:48:23
19
さらに日々の生活のストレスで、メンタルな部分にも毒素は山のように積み重なり、同時に体調不良も引き起こしてしまう。こうした「心身ともに毒まみれ」という不安が、私たちをデトックスへと駆り立てる。
何れにせよ乾燥肌が普段の暮らしや周辺の環境に大きく起因しているのであれば、毎日の些細な習慣に気を付けるだけでほぼ肌の悩みは解決するはずです。
肌の美白ブームには、90年代初頭から次第に女子高校生などに受け入れられたガングロなど、不自然なほど極度に日焼けする独特なギャル文化への批判ともとれる内容が存在するのだ。
よく美容雑誌でリンパ液の滞りの代表格みたいに表現されている「むくみ」には2つに大別すると、身体の内側に隠れている病気によるむくみと、特に健康に問題のない人でも発生するむくみがあるのだ。
「デトックス」術には問題やリスクは本当に無いのだろうか。だいたい、体内に溜まっていく「毒素」とは一体どんな物質で、その「毒物」は果たして「デトックス」によって流せるのか?
深夜残業、終電帰りの食事会、深夜に至るスポーツ中継・翌日の家族のお弁当や朝食の下準備…。お肌が荒れてしまうということは分かっていても、毎日の生活では理想とされる8時間もの睡眠時間を持てない人が大半を占めるでしょう。
日本皮膚科学会の判定の目安は、①強い掻痒感、②特殊な発疹とその場所、③慢性で反復する経過、3点すべて合っている病気を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と言っている。
スポーツなどで汗をたくさんかいて体内の水分の量が減少してくると自然に尿が減らされて代わりに体温調節に欠かせない汗用の水分が溜められ、この余剰な水分自体が結果として浮腫みの原因になっているということです。
ことさら夜間の歯のブラッシングは大切。“蓄積くすみ”を取るため、就寝前はちゃんと歯みがきをしましょう。ただし、歯みがきは回数が多いほど良いというものではなく、クオリティに気を付けることが大切です。
デトックスという言葉そのものは聞き慣れてしまった感があるが、これは間違いなく健康法や代替医療のひとつだと捉えており、医師による「治療行為」とは違うということを思いの外
日本に於いて、皮膚が透き通るように白くて淀んだくすみやシミが見られない素肌を良しとする価値観が現代よりも昔から存在しており、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるくらいだ。
美白化粧品だと容器などでアピールするためには、薬事法担当の厚労省に許可されている美白に効果を発揮する成分(ほとんどアルブチン、こうじ酸等)を使っている必要があるのです。
美白(びはく)という概念は2000年の少し前に美容研究家で料理研究家の鈴木その子が必要性を説いて流行ったが、もっと昔からメラニンが原因の様々な皮膚トラブル対策のタームとして活用されていた。
「デトックス」法に問題やリスクは無いと言えるのだろうか。第一、体の中に蓄積される「毒素」というのは一体どのようなもので、その「毒」とやらは果たして「デトックス」の効果で排出できるのか?
掻痒などが出るアトピーとは「特定されていない場所」という意味のアトポスというギリシャ語から派生し、「何らかの遺伝的素因を保有した人だけにみられる即時型アレルギーを主とする病気」のことを指して名付けられたと言われている。




●参考サイト
脚やせの神様
4meee!
モデルプレス

15:46:11
19
この国において、肌色が透き通るように明るくて淀んだくすみや目立つシミが無い素肌を好ましく捉える美意識が現代以前からあって、「色の白いは七難隠す」ということわざがそれを裏付けている。
美容外科における手術を受けることについて、恥だという感情を持つ患者も割と多いようなので、施術を受けた者の名誉や個人情報に損害を与えないような注意が大切である。
あまり聞き慣れないリハビリメイクという言葉には、様々な身体の機能に損傷を受けた人のリハビリと同じく、容姿に損傷を被った人がもう一度社会に踏み出すために覚える技という意味が含まれています。
見た目を装うことで精神が活発になって豊かさが生まれるのは、顔に悩みの有る人も無い人も変わりません。私はメイクアップを自分の内から元気を発見する最善の技術だと考えているのです。
健康補助食品などで知られるヒアルロン酸は人間の細胞間に多く存在しており、水分維持やクッションのような機能で大切な細胞を防護していますが、年齢にともなって体の中のヒアルロン酸は年々減少していきます。
肌の奥底で生み出された細胞は徐々に皮ふの表層へと移動し、最後にはお肌の表面の角質となって、約28日経てば自然に剥がれていきます。これらの活動がターンオーバーというわけです。
内臓矯正(軟部組織マニプレーション)は近くの筋肉や骨のおかげで位置以上を起こした臓器を元々あったであろう場所にもどして内臓の状態を正しくするという手当なのです。
普段から習慣的にネイルの健康状態に配慮することで、見逃しそうなネイルの異変や体の異常に配慮し、より適切なネイルケアを作り出すことが可能なのだ。
特に夜間の歯のお手入れは大事。蓄積されたくすみを取り除くため、寝る前はきちんと歯磨きすることをおすすめします。歯のブラッシングは何回も行えば良いというものではなく、その質に留意することが大切です。
尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を混ぜている美肌水は保湿力が高いため肌に優しく、ドライスキンの人に最適です。防腐剤や香料などを一切使用していないため、お肌の敏感な方でも使用することができます。
現代社会で生活している身としては、体の内側には人体に良くない影響をもたらす化学物質が取り込まれ、更には私たちの体内でも細胞を傷つける活性酸素などが生まれていると言われているらしい。
メイクの利点:容姿が美しくなる。化粧も嗜みのひとつ。本当の年齢より大人っぽく見える(24才以下に限る)。自分の印象を多種多様にチェンジできる。
唇の両端、すなわち口角が下がっていると、お肌のたるみは加速的に進行していきます。キュキュッと唇の両端を上げた笑顔を心がけていれば、弛みの防止にもなるし、人に与える印象も良いですよね。
何れにせよ乾燥肌が毎日の暮らしや身辺の環境に大きく関係しているということは、毎日のちょっとした慣習に注意するだけで大部分の肌のトラブルは解決するのです。
審美歯科(しんびしか)とは、美しさに主眼を置いた総合的な歯科医療のこと。歯の果たす役割には機能的な一面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、前者も後者も健康に関わるとても大切な要素だと考えられる。




●参考サイト
脚やせの神様
4meee!
モデルプレス



15:43:49
19
美白の化粧品だと容器などでアピールするためには、まず薬事法を管轄する厚労省に許可されている美白の有効物質(よく用いられるのはアルブチン、コウジ酸の2種類)が含まれている必要があるらしい。
美白の化粧品であることを容器などで謳うためには、まず薬事法を管轄する厚生労働省に認可された美白有効物質(多いのはアルブチン、こうじ酸等)を使う必要があるということです。
化粧の利点:容姿がきれいになる。メイクもマナーのひとつ。実際の歳より年上に見せることもできる(20代前半までの女性の場合)。人に与える自分の印象を好きなようにチェンジすることが可能。
細胞が分裂する働きを活発にして、お肌を再生させる成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動している時間帯にはほぼ出なくて、夜になってからゆるりと身体を休め静かな状態で出ます。
本国における美容外科の変遷の中で、美容外科が「由緒正しき医療分野」との見識と地位を得るまでに、幾分か月日を要した。
押し返してくるのがお肌のハリ。これを生んでいるのは、みなさんご存知のコラーゲン、つまりは蛋白質です。バネのようなコラーゲンがしっかりお肌を支えていれば、肌はタルミとは無縁でいられます。
中でも22時~深夜2時までの4時間は皮膚のゴールデンタイムと言われ、肌の新陳代謝が一層盛んになります。ここでよく寝ることが最も有効な美容術だといえます。
通常は慢性へと移るが、有効な処置によって病状・病態がコントロールされた状況に保つことができれば、いずれは自然寛解が予測できる疾患なのである。
日中なのに普段さほど浮腫まない顔や手にむくみが見られた、しっかり眠っているのに脚の浮腫が引かない、などの症状は疾患が潜んでいる可能性があるので専門医による迅速な診療が求められるということです。
さらに日々の暮らしのストレスで、心にも毒は山のごとく積もっていき、同時に体調不良も起こしてしまう。「心身ともに毒だらけ」というような感覚が、苛まれた私たちをデトックスに駆り立てている。
頭皮の手入はまたの名をスカルプケアとも呼ばれます。頭皮は髪の毛の問題である脱毛や薄毛などに深く繋がると同時に、顔のたるみにも影響を及ぼしているのです。
その上に毎日のストレスで、心にまでも毒物は山ほど積もっていき、同時に身体の不具合も招いてしまう。「心も体も毒だらけ」という不安が、苛まれた現代人をデトックスに駆り立ててやまない。
スポーツなどで汗をたくさんかいて体内の水分の量が著しく減少すると尿が減らされて体温調節に必要な汗のための水分が溜められるため、この水分自体が結果として浮腫みの原因になっています。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の症状と関係性がある状態の内、特に皮ふの症状(発赤・掻痒感など)が伴うものであり要するに皮膚過敏症の一種なのだ。
大方は慢性化するが、有効な処置により疾患が抑制された状態に維持されれば、自然に治ってしまうことが可能な疾患だと言われている。



●参考サイト
脚やせの神様
4meee!
モデルプレス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。